カフェベルガ・ボイス

障害者の社会参加を応援するカフェの広報紙。バックナンバーを掲載しています。

カフェベルガ落語会

(こちらは2017年10月発行記事の紙面のアーカイブです)

即席の高座で落語を披露される柳家小んぶさん
 秋の気配の感じられる9月9日、カフェベルガで落語会が行われた。
 この会は今回で十七回目の開催で、毎回プロの落語家で二ツ目の、柳家緑君さん、柳家小んぶさん、柳家花いちさんの三人が東京からつくばに足を運び、生で落語を披露してくださっている。

 この三人とベルガとの縁は6年前、彼らが東京からつくばへ落語を聞かせる会場を探しにやって来たことが始まりだという。
 吉田代表は当時を振り返る。「中央公園の市民ギャラリーやカピオなどを見て回った三人が、ベルガに休憩に入られたんですよ」
 落語にはさほど詳しくなかった吉田代表だが、本物の落語家さんたちにあれこれと素朴な疑問をぶつけるうちに意気投合した。
「皆さんからそれぞれ、やかんの湯気を見て何年も『哲学』をして過ごしていたというエピソードや、高校を中退してこの道に入ったというお話などユニークな一面をうかがい、日頃ベルガで関わっている若者たちとも通じるような親しみを覚えました。
 こちらからも、ベルガの発達障害のある若者たちを支援するという取り組みをお話しし、そこから『いっそ、うちで落語会をやっては?』と提案しまして」
 その年の5月の連休、第一回の落語会を開催する運びになった。好評をいただき、その後も毎年三回程度のペースで定期的に行っている。
「何回目かからは、ベルガの訓練生にもポスターや当日張り出すバナーを作ってもらったり、設営を手伝ってもらったりなど参加していただくようになりました」
 開催のたびに、訓練の一環としてコンペを行うなどし、制作するポスターには落語家さんたち自身から頂いたコメントも掲載している。完成したものは店やFacebook掲示、それを見てやって来てくれるお客さんもいるという。
「中には十回以上お見えになっているお客様もいらして、落語家さんたちの年々上達されていくご様子や、回ごとのちょっとしたトークも楽しんでいらっしゃるようです」

 年内はこの後、年の瀬12月9日に開催される予定だ。開催が近くなれば店頭やFacebookにもポスターが張り出されるため、ぜひチェックして生の落語に間近で触れてほしい。

f:id:berger-support:20180523144005j:plain
左から、柳家花いちさん、柳家緑君さん、柳家小んぶさん

チャレンジアートフェスティバル2016

(こちらは2017年10月発行記事の紙面のアーカイブです)

 2017年3月、第十六回チャレンジアートフェスティバルinつくばが開催され、カフェベルガでも訓練生がアート作品を出展した。
 この催しは、障害のある方々が絵画や立体造形物を展示したり、ダンスや劇などのパフォーマンスを発表するものだ。
 カフェベルガでは今回、就労移行支援の一環として、訓練生が作品を制作、出展するという初めての取り組みを行った。
 出展したのはトリック写真、トリックアート、個人での作品の三種類。訓練生たち自身がどんな作品を出したいかということを話し合い、決定したものだ。

 スタッフに話を聞いた。
「トリック写真は一人一枚制作しました。
サポートオフィス近辺の通りや公園で、遠近などを活用したトリックをお互いに手伝いながら撮影しています。
 トリックアートは全員で一つの作品を仕上げましたが、これもどんな作品を作るのか何度も話し合いを重ね、資料探しも行いました」
 共同製作のトリックアートは、来場者が直接触れることが可能で、アートと一体となったシーンを撮影できる作品として仕上げた。
「また、個人としてイラストやポスターといった作品を出展した訓練生もいます」
 会期中には、出展した訓練生に就労継続支援B型の利用者を加え、つくば美術館への鑑賞にも赴いた。
 会場には絵画、工芸作品など多彩な作品が並び、中には筑波技術大学の学生による本格的な作品も。
自分たちが出展した作品を鑑賞してくれている人や、トリックアートの上で撮影をしてくれている人もいたとのことだ。

 スタッフは振り返る。
「自分たちで考えたアイディアを、膨大な時間をかけああでもない、こうでもないと意見を出し合って選び、形にしたことや、地域の画材店への買い出しなどにも自らで出向いたことは、一つの大きな体験となったのではないかと思います」
 訓練生からも次のような様々な感想が出された。
「トリック写真や美術館への出展など、難しかったがいい体験となった」
「大量の絵の具を使用し、だんだんと形になっていく達成感があった」
「他の団体の多種多様な作品に刺激を受けた」
「自分たちも研究を重ね、よりレベルの高いトリック写真に挑戦したい」
「〆切感などタイムマネジメントを養いたい」
「ひとつひとつを丁寧に凝って作りたい」
 カフェベルガでは、来年の出展も検討しているという。

f:id:berger-support:20180205135041j:plain:w400
▲共同制作のトリックアート。来場者のための案内がある
f:id:berger-support:20180205135044j:plain:w400
▲訓練生が出展したトリック写真

たけやぶつづり 第二回 Aさんの場合 「その時、話したくなったんです」

 ようこそ。私は竹やぶに建つ不思議な屋敷の住人です。ここにはいろんな人が住んでいて、それぞれまったく違う特徴を持っています。
発達障害」と呼ばれる私たちはいったいどんなことを感じ、考えて生きているのでしょうか? 今回は、カフェベルガの訓練生の一人からお話を聞くことができました。

「思っていることを、うまく伝えることができない子供時代でした。
 内心では怒っていたり、いろいろ感じたり考えたりしているのに、まるで察してもらえず、考えなしに行動している単純な人間だと思われている、という」

 Aさんは、21歳の男性です。カフェベルガでは、就職を目指して訓練に取り組んでいます。

 小さな頃は、地域で様々な年齢の子に混じってサッカーやケイドロなどの外遊びをする、普通の男の子でした。
「ただ、落とし物が多かったり指示がぬけやすかったり、連絡帳を書いても自分でも解読できないものになってしまったりするなどの苦労があり、あんまりほめられない学校生活ではありました」
 そんな中でも、小学校二、三年生の頃、詩を書いてほめられたことが記憶に残っているそうです。

 苦労し始めたのは、五年生ぐらいの頃から。周囲と『ずれ』が出るようになり、他の人が想像もしないようなところでつまずいていました。
 たとえば、テストの時。解答欄の大きさで答えの長さを推測するのはやる人も多いと思います。ですが、
「自分の考えた答えと欄の大きさが合わなくて何も書けず、白紙で提出してしまったり。結局その時は、思いついたもので正解だったんですが(笑)」
 クラスの子にはからかわれたりすることも。それでも友達もおり、明るい子だったのですが、中学、高校と上がるにつれ、『ずれ』は大きくなっていきました。



「ノートは取っていたのですが、授業が頭に入っていかず、成績はどんどん悪くなっていきました。体育でダンスをやっても、自分ではちゃんと踊っているつもりでいるのに何かが違う、と言われたりします」
 中高生は、ちょっとでもずれていると居場所がなくなっていく時期でもあります。
 何も考えていない人間だと思われて軽んじられているうち、Aさんの明るかった雰囲気もしだいに暗くなっていき、そのため周囲との関わりもさらにまずくなっていくという悪循環にすっかり陥ることに。
 話を聞いているだけでも苦しい状況に思えます。
「でも、家族にはばれないようにしたかったんです」
 一番近しいはずの人たちにも、相談して頼ることはできませんでした。
「話したくなかったし、話したとしても、誰にも自分の考えていることはわからないと思っていて。ひたすら一人で自己嫌悪して、世界一不幸だ、という今にして思えば被害妄想の中にいました」 

 そのしんどさを隠しているのが限界になったのは、専門学校に進学してからのことでした。
「中高とはまったく違う環境でも浮いてしまい、気味悪がられていたように思います」

 紆余曲折の末、専門学校をやめて一年ほど引きこもり、精神科の門を叩きました。
「その時、話したくなったんです」
 Aさんは初めて、自分の感じていることや、今までの苦労、違和感を人に打ち明けました。
 そこで「発達障害の傾向があるのでは」と指摘されます。
 検査の結果、AD/HDと診断されました。
 AD/HD(注意欠如/多動性障害)は発達障害の一つで、『不注意』と『多動・衝動性』を主な特徴とします。子供の頃から現れるもので、活動に集中しづらい、物をなくしやすいという症状が知られており、本人の頑張りだけでは改善が困難です。そのため多くの人は、大人から叱られたり、対人関係でつまずいたりすることで、さらに自信をなくしていきます。

「納得しましたし、安心しました。もちろん『あなたは障害者だ』と言われて少し傷付きはしたのですが、これまでのことは、しょうがなかったんだな、って」
 19歳のことでした。違和感を覚えるようになってから、およそ十年が経っていました。

 それからしばらくは、厚労省が設置している『地域若者サポートステーション』の相談窓口で週一回、話を聞いてもらうことに。
「聞いてほしかったんです。自分の話を聞いて、理解してくれようとしている、という実感を持つことができました」
 そのうちに就職について相談し、カフェベルガを紹介されます。

 カフェベルガの訓練では、学生時代にぶつかっていたような大変さは感じないと言います。
「パソコンでの資料作成やプレゼンテーションなど、興味を持てる内容で、言われたことが入ってくるし、自分の中に蓄積されていますね」
 今では、「思い詰めていた時期はやばかったな」と自ら思えるようになっているそうです。

 余暇は地域のクラブ活動で体を動かしたり、ネット対戦ゲームで遠くの人と交流したりも。
「お世話になっている施設の方が『作りたい』と言っていたことから、絵本製作にチャレンジすることにもなりました」

 そんなAさんには今、就きたい仕事があります。
「相談を受ける仕事がやりたいんです。
 人の話を聞きたくて」
『相談支援』という、障害のある人が課題の解決や適切なサービス利用をするために、相談に乗り、計画を立ててくれる事業があります。Aさんが利用している施設が、職場としてもとてもよい環境なのだそうです。
「担当じゃない方も気さくに話しかけてくれるんです。いいなあ、って」


    ◆


 カフェベルガでは、こういった、就職を目指すものの一般的なルートから外れてしまった若者に、まず『就職』というものを具体的にイメージしてもらうことに力を入れています。

「自分の思っていることの表現、そして、人の話を理解すること。これらは就職の基本です」
 訓練スタッフはそう語ります。
「そしてさらには、自分がどういった仕事に向いているのか、やりたい仕事が何なのかということを見つけてもらうため、さまざまな種類の訓練や体験の機会を設けています」

 また、面談で話をしてもらうことで、そういった気付きを助けたり、一緒に振り返って探り出すお手伝いもしています。

「Aさんの場合は希望する職業がありますが、そうであってもなくても、ここでの訓練を通していろいろな可能性に気付き、その中から自分を生かす道を選び取ってほしいと願っています」

イベントに参加しました

(こちらは2017年3月発行記事の紙面のアーカイブです。以下の日付は昨年のものです)

8月28日(日)、『まつりつくば』にカフェベルガとして初めて出店しました。
つくば駅前の中央公園で福祉団体やボランティアが集まっている『ふれあい広場』の一角に、カフェベルガのテントが登場。カレーの販売や、リサイクルバザーでの参加をしました。
訓練生も店舗の飾り付けから、カレーの注文受け、盛り付けや配膳にと活躍し、バザーでは直接お客さんとのやりとりもしました。

参加したスタッフは手ごたえを感じたと語っています。
「お祭りでは、日頃の店内とは違い、裏方の訓練生やスタッフでもお客様と直に触れ合えることが楽しく、『いつも食べに行っているよ』などとお声がけいただきました。また訓練生も真剣に、一つ一つの手順に確認を入れつつ、着実に仕事をこなしていましたよ」
「バザー担当の訓練生も、最初は声を出すことに戸惑っていたりもしましたが、徐々にお客様の質問に答えるなど堂々と接客ができるようになっていました。特にお子さんがいらっしゃった時など、相手によって適切な言葉遣いを選ぶにはどうしたらいいかと考えるきっかけにもなったと思います。
値段や陳列なども訓練生とスタッフが相談して工夫したものが、すぐに売り上げにつながった瞬間もありました」

バザーでは、スタッフ・訓練生から集めたリサイクル品を中心に、古本や食器などを販売しました。
カレーも早い時間からお客様が並ばれていて開店を早めたり、大口の注文が入るなど、用意した170食分は予定より大幅に早い時間に完売となる大盛況でした。

「来年もまたベルガ自慢の品物を並べてお待ちしています。皆さんぜひ、のぞいてみてください」
  



茨城YMCAのバザーに10月2日(土)出店しました。
春のバザーに続いての出店ですが、今回もガトーショコラが大人気で飛ぶように売れました。
また、初めての試みとして、日頃の訓練で制作したアクセサリーや8月のバザーに引き続き日用品やお皿なども並べてみました。
お友達のお見舞いに絵葉書をとおっしゃる方や、ブレスレットをお母さんへのお土産に選ぶ男の子などが手にとってくださったり、また、他の出店ブースの方々とも交流ができた楽しい一日でした。
f:id:berger-support:20171025151105j:plain



第三回ソーシャルファームジャパンサミット in つくばの展示ブースに参加しました。
このイベントは、新しい福祉のあり方である「ソーシャルファーム」を日本に定着・発展させようとしている事業体の交流会です。今回は社会福祉法人・創志会さまを実行委員会事務局として、10月8日・9日の両日にわたってつくば国際会議場で開催されました。

カフェベルガは、全国各地から集まった事業所の自慢の製品の紹介と販売、事業所活動紹介のコーナーにて、活動紹介の展示を行いました。

これらの展示物を見て、個人として相談にいらした方がいたほか、北海道で就労移行事業所を経営する方などから質問や相談がありました。

サミット全体としては、「我が国のソーシャルファームの在り方」という基調講演やシンポジウム、全国からの実践者からの報告と、内容の濃いものでした。
また、二日目には地元で実際に活動している事業所をバスツアーで見学し、こちらも大いに役立ちました。
 

セグウェイでわくわく体験

f:id:berger-support:20170227140924j:plain
新しい乗りもの、『セグウェイ』。
数年前にニュースに取り上げられるようになってから、街やイベントで見たという方もいらっしゃるのではないでしょうか。
実はつくば市では、このセグウェイが国内で唯一公道を走る実証試験を行っているのです。

昨年暮れの12月15日、この実証試験を行っている『セグウェイシティガイドツアーつくば』さんのご協力で、カフェベルガ訓練生がセグウェイに乗ってみるという体験をさせていただきました。

f:id:berger-support:20170227141145j:plain今回はつくばセンターペデストリアンデッキの上で、5分から10分ぐらいの間、カラーコーンを置いた中を移動するコースです。
まずはイノベーションプラザの中で、インストラクターさんから、今日の流れや注意事項の説明。

変わった形のヘルメットを装着して、いざスタート。
最初はどこに力を掛ければいいのかわからずちょっとフラフラしそうになるのですが、インストラクターさんのわかりやすいアドバイスで、すぐに誰もがすいすい乗りこなせるようになりました。
f:id:berger-support:20170227141151j:plain f:id:berger-support:20170227141158j:plain
走らせながら会話をすることだってできます。
インストラクターさんはセグウェイの詳しい性能や、日頃行っている公道でのツアーについても聞かせてくださいました。

f:id:berger-support:20170227141131j:plain
乗り終わって、お世話になったセグウェイをしげしげと眺めます。大きなタイヤが目立ちますね。
注目はその間に渡されたステップです。
f:id:berger-support:20170227141030j:plain
ここに立つことで微妙な傾きなどを感知しているのですが、真ん中あたりに十字型に並んだ赤いランプが見えるでしょうか?
ステップが平らで、乗っても大丈夫な時はこのランプが青く変わります。赤い時は傾斜がある時で、そのまま無理に乗ろうとすると、バイブレーターのようにブルブルと震えて警告を出すのです。
ナウシカに出てくる王蟲みたいですね」「言われてみれば……(笑)」

最後にもう一度、インストラクターさんのお話をうかがいました。
「私たちとしても初めての取り組みでしたので、今回の経験を元に、次は路上での体験会など、もっとこういった取り組みを広げていきたいですね」とのこと。
訓練生やスタッフからも、楽しかった、個人的に一般の体験会に申し込むのもいいかも、などといった感想が聞かれました。
セグウェイシティガイドツアーつくば』さん、貴重な機会をありがとうございました!