カフェベルガ・ボイス

障害者の社会参加を応援するカフェの広報紙。バックナンバーを掲載しています。

たけやぶつづり 第二回 Aさんの場合 「その時、話したくなったんです」

 ようこそ。私は竹やぶに建つ不思議な屋敷の住人です。ここにはいろんな人が住んでいて、それぞれまったく違う特徴を持っています。
発達障害」と呼ばれる私たちはいったいどんなことを感じ、考えて生きているのでしょうか? 今回は、カフェベルガの訓練生の一人からお話を聞くことができました。

「思っていることを、うまく伝えることができない子供時代でした。
 内心では怒っていたり、いろいろ感じたり考えたりしているのに、まるで察してもらえず、考えなしに行動している単純な人間だと思われている、という」

 Aさんは、21歳の男性です。カフェベルガでは、就職を目指して訓練に取り組んでいます。

 小さな頃は、地域で様々な年齢の子に混じってサッカーやケイドロなどの外遊びをする、普通の男の子でした。
「ただ、落とし物が多かったり指示がぬけやすかったり、連絡帳を書いても自分でも解読できないものになってしまったりするなどの苦労があり、あんまりほめられない学校生活ではありました」
 そんな中でも、小学校二、三年生の頃、詩を書いてほめられたことが記憶に残っているそうです。

 苦労し始めたのは、五年生ぐらいの頃から。周囲と『ずれ』が出るようになり、他の人が想像もしないようなところでつまずいていました。
 たとえば、テストの時。解答欄の大きさで答えの長さを推測するのはやる人も多いと思います。ですが、
「自分の考えた答えと欄の大きさが合わなくて何も書けず、白紙で提出してしまったり。結局その時は、思いついたもので正解だったんですが(笑)」
 クラスの子にはからかわれたりすることも。それでも友達もおり、明るい子だったのですが、中学、高校と上がるにつれ、『ずれ』は大きくなっていきました。



「ノートは取っていたのですが、授業が頭に入っていかず、成績はどんどん悪くなっていきました。体育でダンスをやっても、自分ではちゃんと踊っているつもりでいるのに何かが違う、と言われたりします」
 中高生は、ちょっとでもずれていると居場所がなくなっていく時期でもあります。
 何も考えていない人間だと思われて軽んじられているうち、Aさんの明るかった雰囲気もしだいに暗くなっていき、そのため周囲との関わりもさらにまずくなっていくという悪循環にすっかり陥ることに。
 話を聞いているだけでも苦しい状況に思えます。
「でも、家族にはばれないようにしたかったんです」
 一番近しいはずの人たちにも、相談して頼ることはできませんでした。
「話したくなかったし、話したとしても、誰にも自分の考えていることはわからないと思っていて。ひたすら一人で自己嫌悪して、世界一不幸だ、という今にして思えば被害妄想の中にいました」 

 そのしんどさを隠しているのが限界になったのは、専門学校に進学してからのことでした。
「中高とはまったく違う環境でも浮いてしまい、気味悪がられていたように思います」

 紆余曲折の末、専門学校をやめて一年ほど引きこもり、精神科の門を叩きました。
「その時、話したくなったんです」
 Aさんは初めて、自分の感じていることや、今までの苦労、違和感を人に打ち明けました。
 そこで「発達障害の傾向があるのでは」と指摘されます。
 検査の結果、AD/HDと診断されました。
 AD/HD(注意欠如/多動性障害)は発達障害の一つで、『不注意』と『多動・衝動性』を主な特徴とします。子供の頃から現れるもので、活動に集中しづらい、物をなくしやすいという症状が知られており、本人の頑張りだけでは改善が困難です。そのため多くの人は、大人から叱られたり、対人関係でつまずいたりすることで、さらに自信をなくしていきます。

「納得しましたし、安心しました。もちろん『あなたは障害者だ』と言われて少し傷付きはしたのですが、これまでのことは、しょうがなかったんだな、って」
 19歳のことでした。違和感を覚えるようになってから、およそ十年が経っていました。

 それからしばらくは、厚労省が設置している『地域若者サポートステーション』の相談窓口で週一回、話を聞いてもらうことに。
「聞いてほしかったんです。自分の話を聞いて、理解してくれようとしている、という実感を持つことができました」
 そのうちに就職について相談し、カフェベルガを紹介されます。

 カフェベルガの訓練では、学生時代にぶつかっていたような大変さは感じないと言います。
「パソコンでの資料作成やプレゼンテーションなど、興味を持てる内容で、言われたことが入ってくるし、自分の中に蓄積されていますね」
 今では、「思い詰めていた時期はやばかったな」と自ら思えるようになっているそうです。

 余暇は地域のクラブ活動で体を動かしたり、ネット対戦ゲームで遠くの人と交流したりも。
「お世話になっている施設の方が『作りたい』と言っていたことから、絵本製作にチャレンジすることにもなりました」

 そんなAさんには今、就きたい仕事があります。
「相談を受ける仕事がやりたいんです。
 人の話を聞きたくて」
『相談支援』という、障害のある人が課題の解決や適切なサービス利用をするために、相談に乗り、計画を立ててくれる事業があります。Aさんが利用している施設が、職場としてもとてもよい環境なのだそうです。
「担当じゃない方も気さくに話しかけてくれるんです。いいなあ、って」


    ◆


 カフェベルガでは、こういった、就職を目指すものの一般的なルートから外れてしまった若者に、まず『就職』というものを具体的にイメージしてもらうことに力を入れています。

「自分の思っていることの表現、そして、人の話を理解すること。これらは就職の基本です」
 訓練スタッフはそう語ります。
「そしてさらには、自分がどういった仕事に向いているのか、やりたい仕事が何なのかということを見つけてもらうため、さまざまな種類の訓練や体験の機会を設けています」

 また、面談で話をしてもらうことで、そういった気付きを助けたり、一緒に振り返って探り出すお手伝いもしています。

「Aさんの場合は希望する職業がありますが、そうであってもなくても、ここでの訓練を通していろいろな可能性に気付き、その中から自分を生かす道を選び取ってほしいと願っています」

イベントに参加しました

(こちらは2017年3月発行記事の紙面のアーカイブです。以下の日付は昨年のものです)

8月28日(日)、『まつりつくば』にカフェベルガとして初めて出店しました。
つくば駅前の中央公園で福祉団体やボランティアが集まっている『ふれあい広場』の一角に、カフェベルガのテントが登場。カレーの販売や、リサイクルバザーでの参加をしました。
訓練生も店舗の飾り付けから、カレーの注文受け、盛り付けや配膳にと活躍し、バザーでは直接お客さんとのやりとりもしました。

参加したスタッフは手ごたえを感じたと語っています。
「お祭りでは、日頃の店内とは違い、裏方の訓練生やスタッフでもお客様と直に触れ合えることが楽しく、『いつも食べに行っているよ』などとお声がけいただきました。また訓練生も真剣に、一つ一つの手順に確認を入れつつ、着実に仕事をこなしていましたよ」
「バザー担当の訓練生も、最初は声を出すことに戸惑っていたりもしましたが、徐々にお客様の質問に答えるなど堂々と接客ができるようになっていました。特にお子さんがいらっしゃった時など、相手によって適切な言葉遣いを選ぶにはどうしたらいいかと考えるきっかけにもなったと思います。
値段や陳列なども訓練生とスタッフが相談して工夫したものが、すぐに売り上げにつながった瞬間もありました」

バザーでは、スタッフ・訓練生から集めたリサイクル品を中心に、古本や食器などを販売しました。
カレーも早い時間からお客様が並ばれていて開店を早めたり、大口の注文が入るなど、用意した170食分は予定より大幅に早い時間に完売となる大盛況でした。

「来年もまたベルガ自慢の品物を並べてお待ちしています。皆さんぜひ、のぞいてみてください」
  



茨城YMCAのバザーに10月2日(土)出店しました。
春のバザーに続いての出店ですが、今回もガトーショコラが大人気で飛ぶように売れました。
また、初めての試みとして、日頃の訓練で制作したアクセサリーや8月のバザーに引き続き日用品やお皿なども並べてみました。
お友達のお見舞いに絵葉書をとおっしゃる方や、ブレスレットをお母さんへのお土産に選ぶ男の子などが手にとってくださったり、また、他の出店ブースの方々とも交流ができた楽しい一日でした。
f:id:berger-support:20171025151105j:plain



第三回ソーシャルファームジャパンサミット in つくばの展示ブースに参加しました。
このイベントは、新しい福祉のあり方である「ソーシャルファーム」を日本に定着・発展させようとしている事業体の交流会です。今回は社会福祉法人・創志会さまを実行委員会事務局として、10月8日・9日の両日にわたってつくば国際会議場で開催されました。

カフェベルガは、全国各地から集まった事業所の自慢の製品の紹介と販売、事業所活動紹介のコーナーにて、活動紹介の展示を行いました。

これらの展示物を見て、個人として相談にいらした方がいたほか、北海道で就労移行事業所を経営する方などから質問や相談がありました。

サミット全体としては、「我が国のソーシャルファームの在り方」という基調講演やシンポジウム、全国からの実践者からの報告と、内容の濃いものでした。
また、二日目には地元で実際に活動している事業所をバスツアーで見学し、こちらも大いに役立ちました。
 

セグウェイでわくわく体験

f:id:berger-support:20170227140924j:plain
新しい乗りもの、『セグウェイ』。
数年前にニュースに取り上げられるようになってから、街やイベントで見たという方もいらっしゃるのではないでしょうか。
実はつくば市では、このセグウェイが国内で唯一公道を走る実証試験を行っているのです。

昨年暮れの12月15日、この実証試験を行っている『セグウェイシティガイドツアーつくば』さんのご協力で、カフェベルガ訓練生がセグウェイに乗ってみるという体験をさせていただきました。

f:id:berger-support:20170227141145j:plain今回はつくばセンターペデストリアンデッキの上で、5分から10分ぐらいの間、カラーコーンを置いた中を移動するコースです。
まずはイノベーションプラザの中で、インストラクターさんから、今日の流れや注意事項の説明。

変わった形のヘルメットを装着して、いざスタート。
最初はどこに力を掛ければいいのかわからずちょっとフラフラしそうになるのですが、インストラクターさんのわかりやすいアドバイスで、すぐに誰もがすいすい乗りこなせるようになりました。
f:id:berger-support:20170227141151j:plain f:id:berger-support:20170227141158j:plain
走らせながら会話をすることだってできます。
インストラクターさんはセグウェイの詳しい性能や、日頃行っている公道でのツアーについても聞かせてくださいました。

f:id:berger-support:20170227141131j:plain
乗り終わって、お世話になったセグウェイをしげしげと眺めます。大きなタイヤが目立ちますね。
注目はその間に渡されたステップです。
f:id:berger-support:20170227141030j:plain
ここに立つことで微妙な傾きなどを感知しているのですが、真ん中あたりに十字型に並んだ赤いランプが見えるでしょうか?
ステップが平らで、乗っても大丈夫な時はこのランプが青く変わります。赤い時は傾斜がある時で、そのまま無理に乗ろうとすると、バイブレーターのようにブルブルと震えて警告を出すのです。
ナウシカに出てくる王蟲みたいですね」「言われてみれば……(笑)」

最後にもう一度、インストラクターさんのお話をうかがいました。
「私たちとしても初めての取り組みでしたので、今回の経験を元に、次は路上での体験会など、もっとこういった取り組みを広げていきたいですね」とのこと。
訓練生やスタッフからも、楽しかった、個人的に一般の体験会に申し込むのもいいかも、などといった感想が聞かれました。
セグウェイシティガイドツアーつくば』さん、貴重な機会をありがとうございました!

たけやぶつづり 第一回『発達障害って、なにもの?』

カフェベルガ訓練生が、「私たち」についてつづるコラムです。

 

 発達障害、という言葉が、メディアやインターネットで流れるようになってずいぶん経ちます。これまで一度も目にされたことがない方は少ないことでしょう。
 それがある特定の人たちに結びつけられる言葉であることは、皆さんご存じかとは思います。でも、それが「どういうことか」というのは、あんまり知られていないのではないでしょうか?

 よく言われているのは、

 人の気持ちがわからないらしい。
 空気が読めないらしい。
 コミュニケーションが取れないらしい。

……なんだかUMAみたいですね。雪男とか。

 なんだかデカいらしい。
 毛が生えてるらしい。

 こういうことはみんな知っていても、それが「どういうことか」――つまり

 デカいと言っても、電柱くらいなのか、ビルくらいなのか、はたまた頑張れば人間と言い張れる大きさなのか。
 生えている毛はゴワゴワなのか、もふもふなのか、色は、長さは。

 それに答えられる人、あんまりいないですよね。なにせ誰も見たことないですし(僕見たよ! という方いたらごめんなさい)。
 テレビでは時々見るんですけどね。――そう、雪男と発達障害の人たちにはもう一つの共通点があります。

 テレビやネットでは、実際に見てきた人たちや有名な当事者の限りあるケースばかりが共有され、「ステレオタイプ」のイメージ一色になりやすい、ということです。

 ためしに、「日本人」ってどんなイメージだか、思いつくだけ挙げてみてください。

 まじめで勤勉?
 細かいものを作るのが得意?
 体面を大事にする?
 礼儀正しい?
 先祖を大事にする?

 ちょっと古いかもしれませんけど、こんな感じですよね。
 では……、「関西人」「九州男児」と言われたとき、どんな人をイメージしますか? 「日本人」のイメージとはだいぶかけ離れたものが浮かんだのではないでしょうか。
「関西人」だっていろいろ別れてます。京都人だからお笑い好き、とはあんまり言わないですよね。
 でも、関西人や九州男児が日本人じゃないなんてことはありません。「日本人」という大まかなくくりじゃ全員が必ず当てはまるわけではないというだけの話です。
 それと同じように、発達障害の人の中にも、世の中で知られた特徴が当てはまらない人はとてもたくさんいます。

 自分の世界に閉じこもって、人と話したがらない。
……話すのが好きな人もいます。
 図鑑や数字が好き。
……物語やことばにこだわる人もいます。
 好きなことに集中すると周りが見えなくなる。同じ作業が得意。
……十五分おきに別の作業をした方が効率がいい人も。
 記憶力がすごい。天才。
……多くの人は、特殊な才能なんて持っていません。

 発達障害を持つ人には、一人として同じ特徴を備える人はいないとまで言われます。
 でも、日本人で言うところの、髪や目が黒い、という程度の「共通点」はあります。それがある人が発達障害と診断されます。

 そして、日本人の血液型にはA型が多い、と言われるのと同じように、外見からはわからない傾向も存在します。

 生まれつき他の人とは何かが違う。
 一見どこも悪くないのに、いろんなことがうまくできない。
 悪気があるのではなく、自分でもコントロールが難しい。

 障害だから、病気とは違って治らない。
 でも、成長しないわけではない。
 もし発達障害に生まれついても、周囲の関わり方によっては幸せをつかむこともできる。

……あなたが突然外国に引っ越したといたら、その国の人はどんな人だろう、と知ろうとしませんか? 好奇心からでも、それからの自分の生活を楽にするためでも。
 そんなとき、隣に住んでるお姉さんの好みとか探るのは一つの手ですよね。
 そのほかにも、新しく好きになったアーティストがいるとき、メンバーやスタッフ、ファンにどんな人がいるか調べませんか? 新しい学校に通うことになったとき、そこの先生のつぶやきを見つけたら読んでみませんか。

 私は発達障害です。話すことが好きで、図鑑も科学も好きですが、数字よりは言葉や物語にずっと魅力を感じます。
 読んだり聞いたりしたことや昔のことは結構覚えていますが、それを売りに食べていけるほどではありません。

 私は竹やぶに建つ不思議な屋敷の住人です。ここにはいろんな人が住んでいて、それぞれまったく違う特徴を持っています。
 このコラムでは、そんな彼らのことをご紹介します。
 興味を持っていただけたら、とても嬉しいです。

f:id:berger-support:20170201145050p:plain f:id:berger-support:20170201145058p:plain

吉田代表インタビュー・「カフェベルガのあゆみ」

f:id:berger-support:20170201144754j:plain

おかげさまでカフェベルガは創立20周年!
このたび、みなさんともっと身近なお店になるため、お店の声をお届けすることになりました。 第一回は、吉田代表へのインタビューでベルガの歴史を振り返ります。 ぜひご覧ください!

 

今から20年前の1996年、カフェベルガは、つくばカピオのオープンと同時に産声を上げた。
つくばの大清水公園に多目的文化施設が建設される、という話は以前からあった。
この施設に市民が自由に使える福祉的スペースを作ってほしいという要望に沿って、つくば市福祉等連絡協議会にレストランを営業しないか、という話が持ち上がる。
そこで有志が集まり、有限会社友遊舎を立ち上げた。

吉田代表は会社の設立、店舗の立ち上げから参加したスタッフで、初代店長として奮闘した。
「最初はとにかくお店の営業のことで精いっぱいでした」
カフェベルガは、その当初から障害者への支援を行っていたわけではなかった。ただ、スタッフの身近には、様々な障害を抱えていたり、学校などでの生活が困難な若者たちがいた。
そういった若者たちに、カフェでのちょっとした仕事をアルバイトとして手伝ってもらうようになったのは自然な成り行きだったという。
「フロアで彼らがいきいきと元気を取り戻していく様子を目の当たりにして、ひきこもりの青年たちへの支援ができるかもしれない、と考えるようになりました」

転機となったのは2011年。
ダウン症の当事者が、それまで利用していた施設ではケアを受けられなくなり、ベルガに通われ始めたんですね」
市の助言もあり、ここで初めてカフェベルガは『生活支援事業』を提供する施設となった。

そして翌2012年、カフェベルガが現在の姿になる大きな契機が訪れる。
「カフェベルガが発達障害のある若者を対象とした『就労移行支援事業』に取り組むことになったのです」
同じ頃つくば市内では茨城県のモデル事業として、発達障害のある若年層への就労支援プログラムが実施されていた。
この事業のためのネットワークには、既に都内で就労移行支援事業を展開していた企業やつくば市保健福祉部障害福祉課、茨城県内の複数の発達障害支援機関などが参加していた。
そして、2013年3月までの期間が終了した後も、当地で取り組みを継続することが求められるものだった。
「そこでカフェベルガの事業が、その取り組みを引き継ぐことになりました」

2013年4月。つくば市春日に新たな支援事業所がオープンした。
フロアはオフィスを模して作られており、利用者はパソコンを中心とした実務的な訓練に加え、働くことの意義や生活の組み立て方について学んだり、時には外部から招かれた講師によるワークショップで様々なアプローチから就職に繋がる力を付けていく。
翌年からは利用者の増加に伴い、事業所も天久保地区へと移転、『サポートオフィス』としてサービスを提供している。
また利用者個人の適性に合わせ、オフィスでの訓練だけでなくカピオのレストラン『カフェベルガ』での皿洗い、フロアなどの作業も選択することができる。
「皿洗いに来るのがやっとだった方が、パソコンに触れ、独学でインターネットやコンピューターグラフィックスの知識を身につけられ、さらには自らモチベーションを高めて就職へと至ったケースもあります」

しかし、吉田代表が考えるカフェベルガの役割は、それだけのものではない。
発達障害の当事者たちと接すると、皆さん『居てもよい場所』を求めておられるように感じます。必死に学校を出ようとして学歴だけを手に入れても、社会との繋がりを持てるでしょうか。
 訓練に通所すること自体がハードルである方もおられます。ですが、せっかくベルガと繋がりを持てたのですから、それを大切にしたい。ここで取り組むことは何でもいいので、その中から自分がやりたいと思えるもの、手応えのあるものを見つけて、今日生きている自分をつかまえてほしいのです。そして社会と繋がりを持つ」

ベルガには、ここでのアルバイトや訓練を経て社会人となった卒業生が訪ねてくることもあるそうだ。
「『発達障害』には、学校、仕事、恋愛、そして特に家庭など、人生のあらゆる問題が関わります。私たちもそういったことを一緒に考えていけるように、まだまだ専門性を磨いていきますので、どうか遠慮なく、どんな方でもどんなことでもおしゃべりに来て下さい」

f:id:berger-support:20170201144912j:plain